たるみ

瞼のたるみを取る方法「リッドキララ」アイクリーム化粧品で解消するか試してみた

更新日:

先日、証明写真を撮ったのですが、右目と左目の大きさが違うことに気付きました。
右目だけが小さく見えるのは、まぶたが腫れぼったい感じで下がってきたせいなのかも。
そのうち治るだろうと、温冷タオルやマッサージを試したけど腫れぼったさがなくなりません。
美容整形も真剣に考えていたところ、肌の上に人工皮膚を作って瞼のたるみを取るアイクリームを発見。
「リッドキララ」は速効性と持続性で、今までのアイクリームとは違う効果を実感できるんですって。
さっそく購入してリッドキララを試してみました。

リッドキララが届きました。
箱の中には、以下のものが入っていました。
・リッドキララ
・リッドキララ読本
・リッドキララ実感のテクニック
リッドキララ読本には、基本的な使い方とよくある質問などが掲載。
リッドキララ実感のテクニックの方は、写真付きで詳しい使い方を紹介。
細かいポイントが書いてあるので、初めてのアイクリームでも簡単に使えそう。

40歳ころを境に、まぶたのたるみが気になる人が多くなっているんだそう。
目元のたるみは、見た目の年齢を10歳以上も老けて見られることがあるんだとか。
リッドキララは、肌の表面に人工皮膚を形成して、まぶたを引き上げてくれるとのこと。
まぶたにぬったリッドキララが乾くと、すぐに目元がパッチリする速効性。
また、カラスムギ穀粒エキスなどのハリ用速効成分が角質層まで浸透。
リッドキララを使い続けることによって、まぶたの土台から改善してくれるんですって。

リキッドキララは、ポンプ式の容器。
1回につき1プッシュ分を使うとのこと。
この1回の量が左右両方にぬる分なんですって。
使うタイミングは、洗顔後にいつものスキンケアでしっかり肌を保湿した後。
朝と夜の1日2回ぬるのがおすすめなんだそう。

リッドキララのポンプを押すと、半透明なジェルが出てきます。
にょろにょろと出てきて、割と固めで濃厚なジェル。

リッドキララのジェルには匂いはありません。
このジェルが肌の上に人工皮膚を作ってくれるんだそう。

リッドキララはまぶたの上に4点置いてから、皮膚を持ち上げるようにぬっていくとのこと。
「まぶたが上がりますように」とイメージしながらぬるのがいいのかも。
まぶたを引き上げた状態で5~10秒ほどキープ。
その後はベタつきがなくなるまで、しっかり肌になじませるんだそう。
見た目は濃厚なジェルだけど、それほど肌がベタつく感じはしません。
肌の表面にうすい膜ができるような感じかしら。
思っていたよりも、肌はスルスルした感触です。

ぬった瞬間からまぶたのたるみを改善してくれる「リッドキララ」を使ってみました。
使う前は半信半疑だったのですが、リッドキララのまぶた引き上げ効果はすごい!
ぬったところのまぶたがピンと持ち上がって、ぬったその日からまぶたがパッチリ開いています。
まぶた全体にぬっているので、肌表面の見た目には変化がありません。
肌にツヤが出たりベタつきがあったりなどの変化は全くなし。
ただ単純にまぶたが持ち上がっているんです。
鏡を見ると目つきが変わって見えて、なんだか若返ったみたい。
久しぶりに会った友人に「少しメイク変えた?」と聞かれました。
メイクは何も変えていないので、もしかしたら目元の印象のせいなのかも。

-たるみ

Copyright© 自分に合うコスメの見つけ方 , 2018 All Rights Reserved.