ダイエット

便秘にヨーグルト効かない?植物性乳酸菌「micoco飲む乳酸菌」の効果

更新日:

中学生からの便秘持ちで、30代後半からますます頑固な便秘症になってしまいました。

毎日ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂っているのですが、あまり便秘に効いているような気がしなくて。

そんなときに、植物性乳酸菌ラブレ菌のことを知り、植物性乳酸菌サプリなどについて調べてみました。

ヨーグルトなどの動物性乳酸菌ではなくて、植物性乳酸菌の方が腸まで乳酸菌が届くんだとか。

植物性乳酸菌サプリを探していると、女性のための「micoco飲む乳酸菌」にたどりつきました。

micoco 飲む乳酸菌

micoco飲む乳酸菌が選ばれる4つの理由

micoco飲む乳酸菌には、善玉菌を増やして、キレイを補う効果が期待できるんだそう。

① ダブルの乳酸菌が不要なものを出す

② 米麹で健康的なスタイルアップをサポート

③ 満腹感が得られるチアシード配合

④ 82種類の植物発酵エキス

ミナト製薬会社のmicocoとは

1888年創業のミナト製薬会社から生まれたウェルネスブランドmicoco。

20代~40代の忙しく働く女性のためのウェルネスブランドなんですって。

ウェルネスとは、健康を身体の側面だけでなくより広義に総合的に捉えた概念のことなんだとか。

輝くように生き生きしている状態を目指して、サポートしてくれるのがmicocoなんだそう

「micoco飲む乳酸菌」は、女性の美と健康を強力にサポートしてくれるんですって。

ダブルの乳酸菌による健康サポートの効果

乳酸菌とは、ブドウ糖を代謝して乳酸をつくる細菌とのこと。

乳酸菌には、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整える作用があるんだそう。

乳酸菌を摂ることによって、腸を活発にする動き出すんだとか。

腸内環境が整うと、便秘改善・ダイエット効果・疲労感の軽減・免疫力向上の効果が期待できるとのこと。

植物性乳酸菌ラブレ菌

micoco飲む乳酸菌には、ラブレ菌とラクリス菌の2つの植物性乳酸菌を配合。

植物性乳酸菌ラブレ菌とは、京都の漬け物すぐき漬に含まれている乳酸菌。

塩分や酸に強い乳酸菌なので、生きたまま腸内に届く力が強いんだそう。

ラブレ菌には腸内環境を整えて腸活する効果の他に、更年期症状にも効果があるんだとか。

冷えや肩こりなどの更年期症状を改善するデータも発表されているんですって。

ラクリス菌

ラクリス菌とは有胞子性乳酸菌のこと。

一般的な乳酸菌と比べて、耐久性や耐熱性などが安定しているという特徴があるんだそう。

生きたまま腸まで届き、体内で活発に増殖してくんですって。

善玉菌であるラクリス菌は、腸内がすっきりするのをサポートしてくれるとのこと。

乳酸菌の種類

乳酸菌は、ヨーグルト・味噌・しょう油・漬け物など、身近なものにも含まれているんだそう。

そして、乳酸菌には、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の2種類あるんだとか。

今までは、ヨーグルトなど乳製品から作られる動物性乳酸菌のことを言われていました。

でも、最近では、植物性乳酸菌の優位性に注目が集まっているんだそう。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

植物性乳酸菌を作り出す環境は、動物性乳酸菌よりも過酷な環境下。

だから、植物性乳酸菌は塩分や酸に強く、生きたまま腸に届けることができるんだそう。

生きたまま乳酸菌が届くので、お腹のスッキリ効果を実感しやすいんですって。

米麹で健康的なスタイルアップ

麹には、アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼなど、30種類以上の酵素が含まれているとのこと。

米麹が原料の甘酒は、「飲む点滴」と言われるほど。

米麹には、健康・美容・ダイエットがあるんだそう。

麹には食物繊維が含まれていて、乳酸菌などの善玉菌を増やすのをサポート。

また、ビタミンB群も豊富に含まれているので、肌の代謝を促す働きがあるとのこと。

ダイエット効果としては、消化を促す働きがあるんですて。

満腹感が得られるチアシード配合

チアシードは、栄養素の宝庫と言われるスーパーフード。

海外セレブや芸能人など、多くの有名人が愛用していることで話題になったチアシード。

チアとは、メキシコやグアテマラゲン原産の植物で、種子の部分のところなんだそう。

チアシードはよく水分を吸収すると約10倍に膨らみ、ゼリー状のぷるぷるに変化。

たんぱく質・ミネラル・食物繊維・ビタミンB群・α-リノレン酸などを豊富に含んでいるとのこと。

満腹感を得られると同時に、α-リノレン酸の効果で中性脂肪値を下げるなどの健康効果も期待できるんですって。

82種類の植物発酵エキス

人間の体内にある酵素は、消化・代謝・排泄を調整する働きがあるとのこと。

しかし、体内の酵素は、年齢や生活習慣によって、どんどん減ってしまうんだとか。

そこで、micoco飲む乳酸菌には、82種類の植物発酵エキス配合。

バランスの取れた植物発酵エキスを摂ることによって、すっきりキレイな体に近づけるんだそう。

micoco飲む乳酸菌を実際に飲んでみたレビュー

micoco飲む乳酸菌は、キュートなイラストが可愛らしい缶。

茶筒のような大きさで、内容量は150g。

1回につき大さじ1杯(約10g)必要なので、この1缶で15杯分の量になるとのこと。

毎日飲んだら半月(15日)で飲み終わってしまうから、2日に1度のペースで飲もうかな。

体の様子を見ながら、micoco飲む乳酸菌を飲み始めてみようと思います。

micoco飲む乳酸菌の缶は、使い終わると貯金箱になるんだそう。

可愛いデザイン缶なので、このまま貯金箱として使えるのはいいですね。

缶を開けると、中にはアルミの袋が入っています。

アルミの袋も開封すると、中にはサラサラパウダー。

黒いつぶつぶがチアシードかしら。

アルミの袋の中の匂いを嗅いでみると、ココナッツのような甘い香り。

おいしそうな香りがします。

micoco飲む乳酸菌の作り方

micoco飲む乳酸菌の作り方はとても簡単。

1. 水100mlを用意する

2. micoco飲む乳酸菌を大さじ1杯入れる

3. よく混ぜたら出来上がり

水の代わりに、牛乳や豆乳に混ぜてもおいしいんですって。

大さじ1杯分は、このくらいの量。

サラサラなパウダーには、チアシードがほどよく混ざっています。

水100mlとmicoco飲む乳酸菌1杯。

マドラーでクルクルと混ぜ合わせていきます。

よく混ぜ合わせたら、micoco飲む乳酸菌の出来上がり。

水と混ぜたmicoco飲む乳酸菌は、ライチのいい香り。

フルーティーな爽やかな香りがして美味しそう。

飲んでみたら、甘さ控えめなサッパリとした味。

もっとライチ味を想像したけれど、思ったほどは甘くない。

チアシードのつぶつぶ感など、素材の味を楽しめる感じです。

飲んだ後、お腹が膨れる気がするのはチアシードの効果?

3時のコーヒーブレイクに飲んだですが、夕食時間が近づいても全然お腹が減らない(笑)。

おいしく飲むためのプラスレシピ

micoco飲む乳酸菌では、おいしく飲むためのレシピも紹介されています。

こちらは、ライチミルクのカップスイーツ。

用意するものは、牛乳・ジャム・季節の果物。

micoco飲む乳酸菌自体が甘さ控えめなので、ジャムや果物と合いそう!

2層に分かれて、インスタ映えしそうなスイーツです。

植物性乳酸菌「micoco飲む乳酸菌」を飲んで4週間

若い頃から便秘症に苦しんでいて、30代後半になるとますます出にくくなってきたような。

そこで、女性のための「micoco飲む乳酸菌」を飲んでみることにしました。

量も味もちょうどよくて、とても飲みやすいからお気に入り。

飲み始めてから1週間ほどすると、毎朝スルンと便が出るようになりました。

お腹が痛くならないし、お腹にガスが溜まることもないので、かなり体調がいい感じ。

プラシーボ効果かもしれませんが、便秘薬を飲むよりはmicoco飲む乳酸菌が合っているみたい。

素材そのものの味がして、体にいいような気がするので、これからも続けていこうと思います。

micoco飲む乳酸菌はこんな方におすすめ

micoco飲む乳酸菌は、ダブルの乳酸菌でお腹スッキリ。

朝食代わりにmicoco飲む乳酸菌を飲めば、朝から体が整えられる気分。

チアシードで満腹感もあるから、ダイエット効果も期待できそうです。

こんな方におすすめ

  • 便秘にヨーグルトが効かない方
  • ダイエットサポートが必要な方
  • 肌荒れや冷え性を改善したい方

micoco飲む乳酸菌は、初回は半額+シェーカープレゼント。

送料無料でお得にお試しできるので、ぜひ確認してみてください。

micoco 飲む乳酸菌

-ダイエット

Copyright© 自分に合うコスメの見つけ方 , 2018 All Rights Reserved.