大人ニキビ

APPS配合!プロモディーネの「VCローション」トライアルセット1000円

更新日:

一年前くらいから、あごの辺りにニキビが頻繁にできるようになってしまいました。

ニキビが痛くて目立つし、その度にニキビ跡が色素沈着を繰り返して肌がボロボロ。

ニキビ用化粧水を使ってもお手上げ状態で、ビタミン剤を飲んでも効果はなくて……。

ネットで調べて新型ビタミンC誘導体APPSのことを知り、⇒⇒⇒ プリモディーネVCローションプリモディーネVCローションを見つけました。

APPSが高濃度なVCローションはトライアルセットがあって、お試しできるとのこと。

今回、VCローションの3本セットを使ってみました。

プリモディーネVCローションお試しセットが届きました。

VCローションは、単3乾電池と同じぐらいの大きさ。

スリムな容器の中には、VCローションが5ml入っているんだそう。

プリモディーネVCローションの本商品は、1本が100ml入り。

本商品100mlは45~60日分の量になるので、お試しサイズ5mlでも2~3日の量になるかな。

小さい容器だけど、意外としっかりお試しできそうです。

できてしまった大人ニキビとニキビ跡には、ビタミンC誘導体がいいんだとか。

ビタミンC誘導体には、メラニン生成の抑制・色素沈着の抑制・毛穴引締め生成など、色々な美肌効果があるんだそう。

しかし、ビタミンC誘導体は肌への浸透力が悪く、安定性もないのが難点。

そこで注目されているのが、親油性と水溶性の特性をもつ、新型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)なんですって。

APPSは、従来のビタミンC誘導体の約100倍の浸透力があるとのこと。

APPSが肌の奥まで届いて働きかけるから、健康的な肌に近づけるんですって。

シーバムコントロールVCローションには、新型ビタミンC誘導体APPSが1%配合。

新水溶性ビタミンC誘導体Amitos 3GAが8%も入っていて、美容液といってもいいほどの高濃度なんですって。

実際にAPPS高濃度配合のVCローションを使ってみるのが楽しみです。

シーバムコントロールVCローションは、少し黄色いローション。

この色は、原料として入っているクオタニウム-73(ピオニン)由来の色なんだそう。

クオタニウム-73(ピオニン)には、皮膚の清浄や保護・アクネ菌の繁殖を防ぐ効果があるんですって。

VCローションはとろりとした感触で、一目見た印象は美容オイルのよう。

VCローションは少し薬草のような匂いがするけれど、イヤな匂いではありません。

つける量が少量だし、肌に伸ばすと、私にとってはほぼ無臭です。

VCローションには香料が入っていないので、ビタミンC誘導体の匂いなんだそう。

VCローションは少量でも、かなり伸びのあるローション。

指で触ると、するすると肌に広がっていきます。

肌にぬってしまうと、VCローションの匂いはほとんどなくなる感じ。

肌にしっかりとVCローションを浸透させるには、コットンパックがおすすめなんだとか。

2~3分パックしたあとに肌を保湿すると、肌がすべすべになるんですって。

最初はベタベタ残るか不安だったけれど、肌にスーッとなじんでいきました!

5分くらいで肌表面がサラサラになり、なにもつけてないような見た目。

でも、触ってみると、VCローションをぬった肌はスベスベしています。

VCローションを使うタイミングは、洗顔後すぐ。

VCローションで肌を高めたあとに、化粧水で肌を保湿するとのこと。

最近、ニキビが痛いし肌荒れがひどかくて、本当に肌がボロボロ。

新型ビタミンC誘導体APPSがいいと聞いて、プリモディーネVCローションを使ってみることにしました。

ぬる前はオイルっぽいと思ったけれど、ベタベタしないのがいい感じ。

とてもマイルドな使い心地なので、顔につけたときもピリピリしません。

1週間ほど使うと、鼻の大きな毛穴がキュッと締まりました。

以前よりも肌のキメが細かくなって、手で触った感じがつるつる。

あごのニキビもかなり減ったし、少し肌質が変わってきたのかしら。

午後になると脂が浮いていたファンデーションが気にならなくなって、皮脂コントロールの効果も実感。

肌の調子がいいので、ニキビ跡を薄くするためにも、引き続きVCローションを使っていきたいと思います。

⇒⇒⇒ VCローションお試しセットはこちら

-大人ニキビ

Copyright© 自分に合うコスメの見つけ方 , 2018 All Rights Reserved.