テカリ

顔汗を止める方法として人気の制汗クリーム「サラフェプラス」を使ってみた3週間

投稿日:

暑い季節だけではなく緊張するときも、顔にばかり汗をかいて困っています。

夏は汗がびしょびしょで、冬は汗で顔がベタベタ。

顔汗がひどくて本当に悩んでいるのですが、どうにかして顔の汗を抑えられるみたい。

この前、雑誌で紹介されていた顔汗用の「サラフェプラス」
という制汗クリームを知りました。

サラフェプラスは、厚生労働省に効果が認められた医薬部外品。

初回2,980円でいつでも定期コースを休止できるとのことなので、試してみることにしました。

さっそくサラフェプラスが届きました。

中に、以下のものが入っていました。

・サラフェプラス本体

・サラフェプラス読本

・あいさつ状

・パンフレット

サラフェプラスには、汗を抑える成分として、フェノールスルホン酸亜鉛が入っています。

フェノールスルホン酸亜鉛は、汗の中に含まれるタンパク質と凝固物をつくるんだとか。

この凝固物が汗の出口を小さくして、汗を抑えるんだそう。

一般の制汗クリームは、肌全体に膜を張ってので、肌に負担がかかるんだとか。

フェノールスルホン酸亜鉛は、完全に汗を止めないので、肌にやさしい効き目。

汗の量を抑えることを目的にしているので、顔にも安心して使えるんだそう。

サラフェプラスは、白色でみずみずしいジェル。

軽い感触のジェルなので、サラフェプラスをぬっても重い感じにならなそう。

サラフェプラスの匂いを嗅いでみると、少し爽やかな香りがするような。

化粧品独特の強い匂いではありません。

サラフェプラスの成分を見ると、メントール入りとのこと。

ほのかに漂う爽やかな香りはメントール由来の匂いなのかしら。

サラフェプラスは、とても伸びのいいジェル。

指でジェルを広げると、スルスルと肌に伸びていきます。

サラフェプラスをぬるのは、洗顔後すぐにぬるのがおすすめとのこと。

オールインワン化粧品としての効果があるサラフェプラス。

ナノセラミドなどの保湿成分もたっぷり入っているので、これ1つでスキンケアはOKなんだそう。

サラフェプラスの後はUVケアして、メイクを始めていいとのこと。

サラフェプラスをぬった後の肌はうるおっているけれど、サラサラした肌ざわり。

ベタつかないので、顔がすぐにテカる心配はなさそう。

サラフェプラスだけでは物足りないときは、後から化粧水や美容液を追加してもいいとのこと。

しかし、サラフェプラスの前に化粧水を使うのはNG。

肌に水分が残った状態でサラフェプラスをぬると、十分な制汗効果を得られないんですって。

緊張したり暑く感じたりすると、顔ばかりに汗をかくのが悩みです。

顔汗が出るので、いつも顔がベタベタしているし、化粧崩れもひどいです。

そこで、口コミ人気の薬用制汗クリーム「サラフェプラス」を使ってみることに。

サラフェプラスをぬると、驚くほど汗の量が減りました。

緊張して汗が出そうな状況になっても、思ったほど汗が出ていません。

使い始めて2週間経ちましたが、サラフェプラスがよく効いています。

しっかり夜まで効果があるけど、昼間に一度ぬり直すと完璧です。

もうサラフェプラスは私にとっての必需品。

ほとんど顔から汗をかかなくなって、効果のある制汗クリームだと思います。

⇒⇒⇒ 顔汗用の「サラフェプラス」はこちら

-テカリ

Copyright© 自分に合うコスメの見つけ方 , 2018 All Rights Reserved.